スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

海外でスキー・スノボをする際の準備と注意点 保険加入や起きやすいトラブル

飯田夏来

海外でスキースノーボードをしてみたい!でも何からしたらいいかわからない。そんな人のために、まず何から準備したらいいのかを以下にまとめてみました。便利なツアーは時に個人旅行で手配するよりも安いこともあります。しかし、個人でもインターネットを駆使してオンライン予約などがいくらでも可能な時代になりました。以下には個人旅行で必要になるものをリストアップしてみました。

事前準備

・パスポートの取得。持っている人は有効期限の確認。
・行きたい国は電子ビザの取得が必要か否か。
・航空券とホテルの手配。航空券とホテルをセットで予約すると割引してくれるエクスペディアなどもおすすめ。
・空港からスキー場へのアクセスの仕方を調べ、必要ならバスの予約などを行う。
・リフト券の事前予約。オンラインで可能なものが多いです。現地で並んだりする時間を節約できるので滑る時間を十分に確保できるでしょう。
・海外旅行保険への加入。


持っていった方が良いもの

・行く地域にもよりますが、標高の高い場所にあるスキー場へ行く場合ウェアの下にロングスリーブの薄手ダウンジャケットはあった方が良いです。個人的にはユニクロのライトダウンジャケットがかさばらなくておすすめ。コストパフォーマンスは抜群に良いです。

・フリースもあると便利です。軽いので圧縮して荷物に入れてもさほど邪魔になりません。アフタースキーでも活躍することでしょう。

・カイロは貼るタイプのものが便利。普通のものと足に貼るタイプと両方あると便利です。海外でもホットパックは手に入りますが、日本製は安くて長持ちします。

・スキー、スノーボードのブーツ。多くのリゾートスキー場はレンタルが大変充実していますが、靴ばかりは合わなかったら滑走どころでは無くなってしまいます。もし自分の愛用品があるのであれば、ブーツは持っていった方が良いと思います。

パッキングする際のアドバイス

自前のスキー・スノーボードを一式持って行きたい人へのアドバイスです。大概の航空会社は、一人当たり24kgまでの荷物を2つまで無料で預かってくれます。スキー・スノーボードの荷物はオーバーサイズの荷物として扱われるため預け口と受け取り口が他の荷物と異なります。空港でちゃんと案内してくれるので心配しなくても大丈夫です。大きさは気にせず、24kg までの荷物を2つにまとめてください。

海外旅行保険の大切さについて

海外に行くにあたって必ず加入すべきものが海外旅行保険です。初めての国や土地で何が起こるかわかりませんし、万が一外国で病院にかかるとなった場合は、日本の公的健康保険は一切適用されませんので、全額自己負担となり大変高額な治療費となります。
普通の観光旅行でも、もちろん旅行保険は必要ですが、スキー・スノーボードで海外に行くならば、怪我・事故のリスクが高まるので必ず入っておきましょう。
お持ちのクレジットカードに海外旅行保険が付帯されていることもありますが、スキースノーボードのためにはちょっと心もとない補償金額であることもあり、補償内容はしっかり確認しましょう。
十分な備えを考えた場合、クレジットカード付帯の保険と他の海外旅行保険とを比較検討し、必要な補償がついている保険を選ぶと良いでしょう。
また、上級者コースや山岳地帯で滑る予定がある場合は、より補償が大きなものが良いでしょう。
例えばカナダでスノーボードを楽しむ場合、山岳地帯で滑ることもあります。ただし山岳での転倒は大ケガにつながるケースも多く、状態などにより自力での下山ができないこともあります。その場合、ドクターヘリで救助されることもしばしばあるのです。そうなった場合、費用は数百万ではおさまりません。
上級者コースや山岳地帯で滑る予定がある場合はこうした緊急時の救助補償などが付帯されているかも重要です。
その他、スノーボードが盗難にあってしまった場合、他人とぶつかって相手を怪我させてしまった場合の備えにもなります。
個人で手配する場合、空港で加入することも可能ですが、今は便利な時代でオンラインで出国前であればいつでも加入できます。しっかりと自分で吟味して自分に合ったものを選んでみましょう。

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」、「契約サイト」等を ご確認の上、お申込みください。

pagetop