スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

初めて海外でスノボをするならここ!
海外おすすめスキー場

飯田夏来

日本国内でスノボを楽しむ方の中でも海外でスノボをしたことがあるという方はあまり多くありません。一方で一回海外でスノボをしてしまうと病みつきになってしまう方も多いようです。今回は、まだ海外でスノボをやったことがない方向けにおすすめの海外スキー場をまとめてみました。

1. ウィスラーブラッコム(カナダ)

北米最大規模のゲレンデで10m以上の積雪があり、200以上のコース、11kmの滑走が可能。初心者から上級者までバラエティに富んだエリアがあります。山のピークまで架けられたリフトからの景色は圧巻。日本ではバックカントリーでないと滑れないような斜面へ初心者でもアクセスできます。ビレッジのベースの標高は650mほどで高地リゾートにありがちな高山病の不安もないのがウィスラーの良いところでもあります。バンクーバー国際空港から2時間とアクセスも良く、シャトルバスが空港からウィスラーへ出ています。日本よりも治安が良いとも言われるほどで、海外に初めて行くという人にもお勧めできます。外国人が多い街なのでホテルのスタッフも英語ができない日本人に対してもとても親切です。スキー場を中心に作られたリゾートタウンなので街の中からゴンドラが出ていて山へのアクセスは抜群です。ゴンドラの目の前からレストランやバーが軒を連ね、アフタースキーも充実です。ゴンドラ目の前のパブやバーでは昼間からビールも楽しめます。ゲレンデを眺めながらの一杯は格別です。一杯楽しんでからホテルに戻るというのもおすすめのルーティーンです。

カナダ ウィスラーブラッコム

2. ベイルマウンテン(アメリカ コロラド州)

デンバー国際空港から2時間ちょっとでシャトルも出ていてアクセスが良い場所にあります。近隣にはその他ブリッケンリッジやキーストン、ビーバークリークといった26ものスキーリゾートがあり、世界中から多くの人が毎年訪れる世界屈指のスノーリゾート地帯でもあります。ベイルのビレッジのベースは標高が2400m以上あり、初日はゆっくり過ごして標高に慣れることが大事になります。ベイルには200近いコースがあり初心者も安心できる大型リゾートです。スキー場内に6つの大きなレストハウスがありとても充実しています。また、ベイルのビレッジにはたくさんのショップやレストラン、高級ホテルやアコモデーションが軒を連ね、まるでリアルなディズニーリゾートのよう。アフタースキーも充実して過ごせます。

ベイルマウンテン

3. ツェルマット(スイス)

一度は見てみたいと憧れる山マッターホルンに最も近いスキー場です。マッターホルンはスイスとイタリアの国境にある4,478mの山。魔の山とも言われてきた類稀な外観を持つ魅力溢れる山です。そんなマッターホルンを眺めながらのスキースノーボードが可能なツェルマットスキー場からは隣接するイタリアのチェルビニアスキー場にも行くことが可能。滑走しながらスイス側、イタリア側の双方から山を眺められるので、いろいろな表情のこの美しいマッターホルンを楽しめるわけです。大きく分けて3つのエリアに分かれており、標高差のあるロングランに加えワイドで広域なゲレンデクルージングを楽しめます。晴天率もよく、かなりの確率でマッターホルンを拝めます。 ツェルマットの町は環境に配慮してガソリン車の乗り入れが禁止されているため行き交うのは馬車や電気自動車のみ。レストランやバーなどが充実しており、物価はスイスなので高いですがリゾートライフを存分に楽しめることでしょう。

スイス ツェルマット

4. ガルミッシュ・パルテンキルヘン(ドイツ)

ドイツ最高峰のツークシュピッツェ2962mがある街ガルミッシュ。オーストリアとの国境にあるのでツークシュピッツェ山頂ではドイツ側とオーストリア側の境目を見ることができます。1936年に冬季オリンピックが行われたことでも有名なスキー場です。ミュンヘン国際空港から車で1時間半ほどで行けてしまう好立地にあります。電車も出ているので海外での車の運転に不安があるという人でも安心。スキー場は2つのエリアからできており、上級者にはツークシュピッツェのエリア、初級者にはクラシックのエリアがおすすめです。2962mの山頂まで上がって行くロープウェイは急勾配で迫力があります。山の北側には平原が広がっていて山頂からのパノラマはまさに絶景です。ガルミッシュの街はリゾートホテルやレストランが充実しており、美味しいドイツ料理やドイツビールを楽しめることでしょう。

ガルミッシュ・パルテンキルヘン 写真はイメージです。

5. キッツビュール(オーストリア)

ウィンタースポーツが盛んなオーストリアで最も有名な高級スノーリゾートの一つです。スキー発祥の地として知られているチロル州にあります。オーストリアのザルツブルク空港から車で1時間半ほど、またドイツのミュンヘン国際空港からも2時間半ほどで着いてしまうので、日本からだとミュンヘンへ直行便で飛んで車で移動というのが良いでしょう。ミュンヘンからは2時間半ほどで電車でもアクセス可能です。キッツビュールはリゾート感満載な上に非常に大きなスキーエリアで1週間や2週間では滑りきれないほどの広さを誇ります。本場アルプスを望みながらのライディングは日本では感じられない自然の壮大さを体験できることでしょう。初心者から上級者まで楽しめるバラエティ豊かなコースを持っています。リフトは初心者に難しいTバーリフトが無く、不安なくゲレンデ内を移動できるのもキッツビュールならでは。レストハウスも広いゲレンデ内に多数設置され、美味しい料理とビールを一緒に楽しんだりするのも醍醐味です。キッツビュールの街はとてもカラフルでお洒落なヨーロッパらしい町並みです。レストランやホテルも多数あり、完璧なリゾートステイを楽しめます。

オーストリア キッツビュール 写真はイメージです。

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」、「契約サイト」等を ご確認の上、お申込みください。

pagetop