スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

自己責任エリア(バウンダリーエリア)とは?

飯田夏来

海外のスキー場に多くみられるBoundary Area(バウンダリーエリア)。日本のスキー場でも最近増えてきています。日本での呼ばれ方はスキー場によりそれぞれのようで、そのまま「自己責任エリア」と呼ぶ場合もあれば、「フリーライドゾーン」や「ツリーランエリア」など様々です。

自己責任エリアとは?

その名の通り「万が一事故が起きても自己責任となり、当スキー場は責任を負いかねます」というエリアになります。つまり、滑ってもいいけれど怪我をした、滑落したなど救助が必要となった場合にかかる費用は「自己負担」となります。
こうしたエリアでの滑走は、ケガや重大な事故が起こりやすい「危険なスポーツ」となるため保険で対象にならないことがほとんどのようです。
また、「自己責任エリア」「立ち入り禁止エリア」は違いがあります。自己責任エリアはその日の雪のコンディションによって解放されている日もあれば、立ち入り禁止になっている日もあります。一方で完全なる立ち入り禁止エリアは常に立ち入りが禁止されています。
つまり、自己責任エリアが設けられているスキー場で「立ち入り禁止エリア」へ立ち入ることは非常に危険である事がよくわかると思います。


どんなレベルの人に向いている?

もちろん上級者向けとなります。実際に自己責任エリアを設けているスキー場のホームページを除いてみても必ずそのように書いてあります。
中にはエキスパート向けと書いてあるところもありますね。でも、何を基準に上級?と疑問も浮かびます。スキー場内の上級者コースを滑り降りられるからといって、自己責任エリアを滑れるかというとそうでもないのです。
自己責任エリアは自然のままに木が生え、自然のままに岩があり川が流れ全てがナチュラルです。ゲレンデマップに記された上級者コースよりもさらに難しいコースであると考えて良いと思います。日本における自己責任エリアはほとんどが林間を滑る「ツリーラン」と呼ばれるものになります。ツリーランをしたことがない、という人はまずはコースにすぐ出られるコース脇の自己責任エリアを滑ってみるといいでしょう。脇にコースが見えていると「もうここ滑れない!疲れた!」と思ったときに逃げ道になります。私も初めて森の中を滑ったときは、「木を避けながら滑る」ということが考えていた以上に難しい!という印象を強く持ったのを覚えています。一緒に滑っていた人たちに置いていかれ、自分だけになってしまったときは非常に不安にもなるものです。
また、数人で森の中を滑っていてもコースがまるで見えない奥の方まで来てしまったときは、そのコースに慣れないうちは不安になるものです。ざっくりとでいいので、コースマップを頭の中にインプットしておき自分たちがどこから森に入ってどのあたりから出てくるのかということをイメージできているだけでだいぶ違います。また、今はスキー場でもスマホの電波が入ることが多いです。グーグルマップだと大雑把すぎるので、登山などで使えるGPSで場所を示してくれるアプリがあると万が一の時に落ち着いて行動できます。
個人的おすすめは「Field Access(フィールドアクセス)」というアプリ。無料版でもそれなりに使えます。

自己責任エリアがある
日本の代表的なスキー場

パウパウのファーストトラックがいただける可能性が高い魅力的な「自己責任エリア」。その一方で、多数のリスクも含んでいることを了承した上で楽しみましょう。
ニセコ(北海道)、トマムスキー場(北海道)夏油高原スキー場(岩手)、ルスツリゾート(北海道)、安比高原スキー場(岩手)ロッテアライリゾート(新潟)、白馬コルチナスキー場(長野)、野沢温泉スキー場(長野)、斑尾高原スキー場(長野)、白馬岩岳スノーフィールド(長野)、ヤマボクワイルドスノーパーク(長野)、戸狩温泉スキー場(長野)、などです。

自己責任エリアを滑走する際に
気をつける点

*「立ち入り禁止」「CLOSE」となっている場合は立ち入らない。
*なるべく数人で行動する。一人では自己責任エリアにはできるだけ立ち入らない。
*ヘルメットを着用する。
*緊急連絡先(スキー場のパトロールなど)をスマホにメモしておく。
*スマホを十分に充電した上で持っていく。
*初めての場所では、大まかな地図を頭にインプットしておき、どのゾーンを滑っているのか把握しておく。

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」、「契約サイト」等を ご確認の上、お申込みください。

pagetop