スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

スキーとスノボ
どっちが事故が多い?

スキーとスノーボードはどちらも事故が多いスポーツといわれていますが実際どちらが多いのでしょうか?

事故が多いのはスノ−ボードだけど・・

世間的なイメージではスノーボードはスキーよりも事故が多いと考えられているようですが、統計的にもスノーボードの方が多いという統計があります。

図1.スキースノーボードの受傷者割合の推移

図1.スキースノーボードの受傷者割合の推移
(参照:2015/2016シーズンスキー場傷害報告書平成28年2月1日~2月28日 全国スキー安全対策協議会)

スノーボードは、なぜ事故が多いのか?

スノーボードは年齢層の若い方が楽しむスポーツであるため、無理なジャンプやスピードの出し過ぎなどいくつか多い理由が考えられますが、もともと、事故が起き易い競技の特色としてをもっています。
バランス感覚を楽しむスポーツであり、また、ジャンプ等のフリースタイル的な滑り方もする。そのため、バランスを崩して上半身から転倒するので上半身のけがが多くなる。さらに、スノーボードは転倒時にボードが外れにくく、足に負担や無理がかかる場合が多いので、ねんざ、脱臼、骨折などになりやすい。

実は、スキーは重大事故が多い?

重大事故

重傷の割合はスキーがスノーボードより3.5ポイント大きく、中等傷は7.1ポイント小さいという統計があります。
スキーは、スノーボードと比べ熟練された方が多い一方で、スノーボードよりはスピードが出易く、いったん事故となると大事故になる可能性が高いという一面があります。
海外での調査では、スノーボードはスキーよりも50〜70%授傷率が高く、死亡率事故率が30%低いと言われています。理由としてはスキー程スピードガでないため、高速で樹木に激突する可能性が低いなどが考えられています。
https://www.statslife.org.uk/sports/1157-danger-on-the-slopes-how-risky-is-skiing) それぞれ競技の特色はありますが、スキー・スノーボードともに、ケガとは隣り合わせのスポーツということには変わりありません。
万が一の際に保険を検討してはいかがでしょうか。

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」、「契約サイト」等を ご確認の上、お申込みください。

pagetop