スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

保険の選び方

スキー・スノーボード向け保険は、必ず加入しなければならないものではありません。実際加入を検討し始めると、どうやって選んだら良いのか悩んでしまう方も多いでしょう。 このページでは、スキー・スノーボード向け保険の選び方に関して、選び方の基本、スキー・スノーボードの経験やシチュ エーションごとにあった保険選び・国内保険と傷害保険の違いについて解説致します。

1

スキー・スノーボード向けの保険選びの基本

\ 基本1 /

保険の種類・補償・保険料を把握しよう

スキー・スノーボード向けの保険を選ぶには、まず以下の主な保険の種類、補償内容・保険料等、その内容を把握しておくと、スムーズに選択できます。

1

ニーズに合致した保険の種類は2つ!!
「国内旅行保険」と「傷害保険」

2つの保険の大きな違いは、補償期間にあります。
「国内旅行保険」は、旅行期間中のみを補償対象とし、「傷害保険」は契約開始から1年間を対象としています。

2

スキー・スノボ旅行に必要な主な補償内容は、ケガ、賠償、携行品補償、救援者費用補償

一般的には、ケガによる通院・入院・手術保険金・個人賠償責任補償・携行品補償・救援者費用補償が必要です。
ケガの補償以外は保険商品によっては特約として別途付帯するケースやそもそも取り扱いがないこともあります。

3

保険料はリーズナブル

スキー・スノーボード向け保険は、1日あたり数百円〜の掛捨てタイプの保険です。
万が一の事故にかかる費用と比較するとリーズナブルな保険料です。

\ 基本2 /

個人賠償責任補償は必須と考えよう

ケガの補償

スキー場の事故というと、自分自身のケガだけを連想しがちですが、最も大切なのは衝突・接触事故などにより他人をケガさせてしまうことやゲレンデ内の建造物を壊してしまった場合等の高額な賠償への備えです。
スキー・スノーボードは、スピードが出るスポーツですので接触・衝突した際の衝撃は大きく相手も自分も大ケガになりがちです。
加害者側になった場合、相手方のケガの状況や相手方の職業によっては(医師・弁護士などの高額収入の職業の休業補償、慰謝料、死亡・後遺障害の場合は他に逸失利益などが積算され)、数百万~数千万の賠償を請求されることもあります。
すでに加入されている自動車保険などの他の保険で個人賠償責任補償を付帯していれば補償対象になるケースもありますので、よく確認しましょう。

\ 基本3 /

保険の種類・補償・保険料を把握しよう

年間にどの程度スキー・スノーボードを楽しむのか、だれが行くのかなどによって選ぶ保険の種類・補償内容も異なります。主なチェックポイントは以下になります。 チェック項目をまとめると、希望にあった保険選びが容易になります。

誰が行くのか?(自分だけ?家族も?)

他に趣味のスポーツをしているか?

個人賠償などは他の保険で既にカバーできていないか?


2

人によっては必要な補償は違う!

スキー・スノーボード向け保険
ケース別の選び方

スキー・スノーボードは、経験や技術の熟練度によっても起きる事故は違います。 初心者や子供は、うまくコントロールが効かず事故を起こすこともありますし、熟練の方でも時間が空いてしまうと、思わぬケガをしてしまうものです。経験やシチュエーションに応じた保険選びのポイントやおすすめの保険プランをご紹介します。

3

ご存じですか?スキー・スノーボード向け保険

傷害保険・国内旅行保険の違い

スキー・スノーボードで起きるケガやアクシデントを補償する主な保険には、「傷害保険」と「国内旅行保険」の2種類があります。保険料や補償内容の違いもありますが、2つの保険の大きな違いは、補償期間(契約期間)です。違いを理解して、ピッタリな保険を選んでください。

傷害保険

保険の種類

傷害保険

保険の説明

主に日常でおきる思いがけない事故によるケガを補償する保険です。 日常での転倒以外にも、スキー・スノーボードもスポーツでのケガも補償対象となっており、日常的にスポーツを行っている方・お子様にはおすすめの保険です。
また、個人賠償責任補償・携行品損害補償を付帯することもできます。
特に個人賠償責任補償は、お子さまやペットが他人にケガをさせてしまった、物を壊してしまったときなどにもお役に立ちます。

商品の特徴

●旅行以外でもアクティブに動かれる方、お子様におすすめ。
●入院・手術・通院保険金、一時金や賠償の補償額・範囲が充実している。

一般的な 補償内容

死亡・後遺障害
入院・手術・通院保険金・入院一時金
個人賠償責任
救援者費用
携行品
※個人賠償・救援者費用・携行品は商品により特約での付帯となります。

補償期間

契約開始から1年間が補償期間。
支払いは月払・一時払で選べる。

国内旅行保険

保険の種類

国内旅行保険

保険の説明

国内旅行中におきたケガやケガによる死亡などの補償がされる傷害保険の一種です。具体的には、国内旅行中にケガをし入院した、携行品※1が壊れた、などに備えるための保険です。
手軽な保険料で必要な期間だけ保険をかけられます。
国内旅行でも、慣れない土地への移動、スキー・スノーボードなどのアクティブな活動を伴う旅行の場合、ケガや事故などの危険性は高まります。
※1携行品損害はオプションです。

商品の特徴

●旅行期間内だけの補償を検討される方におすすめ。
●保険料は数百円程度なのでリーズナブル。

一般的な 補償内容

死亡・後遺障害
入院・手術・通院保険金
個人賠償責任
救援者費用
携行品

補償期間

日帰り~1週間までの旅行期間への補償が一般的。
長期の旅行に関しては各社確認が必要。
自宅出発から帰宅までの期間が補償される。

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


募集文書番号

au損害保険株式会社 B16D310440(1612)
エイチ・エス損害保険株式会社 LCD17-001

代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

記載している保険料および補償内容等は2017年10月1日現在のものです。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」を ご確認の上、お申込みください。

pagetop