スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

保険の必要性

スキー・スノーボード向けの保険と言われてもその必要性にはピンとこない方は大勢いらっしゃると思います。
ツアーであれば、旅行を申込む際に、意図せずして加入させられていることはあっても、なかなか自分では加入しないし、そもそもケガや事故なんてしたことがないから大丈夫、とおっしゃる方もいるでしょう。
ところが、スキー・スノーボードはスピードが出易いスポーツであることから、様々な事故のリスクがあるということを忘れてはいけません。
例えば、スキー・スノーボードには転倒は付き物ですし、経験者の方は他のスキーヤー、スノーボーダーと接触しヒヤリとした方は少なくはないでしょう。
転倒してもケガをされない方も多くいらっしゃいますが、もし転倒の際に地面が固かったら・・接触した相手の打ち所が悪かったら・・と考えるといくら最善の注意を払っていても大きな事故になることはあり得ます。
ケガの治療費や相手への賠償と考えると1日あたり数百円で備えられる為、保険加入は重要と言えるでしょう。

ゲレンデで良くある事故

スキー・スノーボードを楽しんでいて起こる主な事故は、以下のような形があります。

  • 転倒によるケガ
  • トリックの練習中に足首を捻挫
  • 他者との衝突事故
  • ゲレンデのレストランで休憩中のボードの盗難

ゲレンデでの主なケガは転倒や接触によるケガ、スノーボードのトリック練習中のケガ、スキーの急勾配での転倒によるケガです。初心者・上級者に関わらず、ケガのリスクはあります。 その他にはカメラや携帯を落とし破損(紛失は保険では対象外)することや、バックカントリーを楽しむ方々の遭難があげられます。 スキー・スノーボード向け保険に加入していれば、上記にあげたような事故に備える事ができます。

それぞれで多い事故は?

スキー・スノーボードどちらを楽しむかにより事故の割合が違うという統計が出ています。
また、軽い事故はスノーボードに多く、死亡事故などの重大事故はスキーの方が多いという統計もあります。
どちらを選んでも事故が起きるスポーツであるという認識が必要です。
事故については「スキー・スノーボードのケガについて」でもさらにくわしく解説しています。

スキー・スノーボードでの接触事故はトラブルになる事が多い

スキー・スノーボードでの接触事故は揉める事が多い

スキー・スノーボードをやる上で、最も厄介なのは接触事故に巻き込まれた時ではないでしょうか。 単独事故であれば、シンプルにご自身の損害(ケガや用品の破損)のみですが、接触事故となるとどちらの責任なのか過失割合をはっきりしないといけません。
ところが、スキー・スノーボードでは事故の状況確認や加害者・被害者の証明が難しくトラブルになる事が多いという特長があります。
事故について過失割合の証明は時間がかかり、弁護士の力を借りる事もすくなくありません。さらに加害者となってしまった場合は数百万円〜数千万円の賠償を請求されることも考えられます。
衝突事故は誰にでも起き、加害者になってしまうこともあります。こうした事の備えに個人賠償責任補償への加入は必須と言えます。さらに相手方との示談交渉の特約がついていればなお良いと言えます。

まとめ

スキー・スノーボードの保険の加入について述べさせていただきましたが、
このスポーツの特性上

  • 事故が起こりやすいスポーツ
  • 転倒・衝突のケガは誰にでも起こる
  • 接触事故になると、トラブルになりやすく、個人賠償責任補償への加入・示談交渉など付帯できるとなお良い

ということがいえます。
以上のことから、1日数百円から加入できるスキー・スノーボード向け保険は万が一の備えとしては、検討をされた方がよい保険と言えます。
しっかりした備えをし、心配事を減らすことにより、スキー・スノーボードをよりお楽しみいただけます。とくにスキー・スノーボードをお子様が楽しまれる場合は、ご検討されることをおすすめします。

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


募集文書番号

au損害保険株式会社 B16D310440(1612)
エイチ・エス損害保険株式会社 LCD17-001

代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

記載している保険料および補償内容等は2017年10月1日現在のものです。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」を ご確認の上、お申込みください。

pagetop