スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

スキー・スノ−ボードで
事故が起きやすい
時間帯・天候・場所は?

スキー・スノーボード事故は、時間帯、天候、場所に傾向があります。

時間帯

スキー場内のケガ全体では 11 時~12 時と 14~15 時に多発しています。スキー,スノーボード、その他でのケガも同様です。原因は,混雑による接触事故,雪質や雪の状態の変化による転倒,疲労など人的・環境的要因が影響しているものと考えられます。12 時~13 時,13 時~14 時が減少しているのは,昼食時間帯のためと考えられます。17時以降に少なくなるのはほとんどのスキー場の営業時間が終了するためです。

時間帯

天候

スキー・スノーボード事故は、天候でも影響を受けます。天候により、足元の変化や照り返し、視界不慮などが起こると事故も起きやすくなると考えられます。

天候

事故場所

スキーではスピードが出やすくなる中斜面での受傷率が44.6%と最も高く、スノーボードは、緩斜面での受傷率が42.5%と最も高いという意外な結果になっています。
また、スノーボードはトリックの練習などをすることが多く「ワンメイク」での受傷の割合がスキーと比べて高くなっており、「その他の場所」では,ボックス,キッカー,FRP,レールが多く見られるようです。

事故場所

(参照:2015/2016シーズンスキー場傷害報告書平成28年2月1日~2月28日 全国スキー安全対策協議会)

まとめ

受傷率の高い時間帯:午前11時頃
受傷率の高い天候:晴れ
受傷率の高い場所:スキーは中斜面・スノーボードは緩斜面

参考
上記3つの全国スキー安全対策協議会の統計は、以下のスキー場での受傷をもとに算出されています。

番号

スキー場

受傷者 合計

スキー小計

スノー ボード小計

その他

1

ニセコグランヒラフ

76

41

35

0

2

朝里川温泉スキー場

9

7

2

0

3

サッポロテイネスキー場

22

17

5

0

4

札幌国際スキー場

34

13

21

0

5

ルスツリゾートスキー場

128

67

61

0

6

富良野スキー場

31

24

7

0

7

大鰐温泉スキー場

16

15

0

1

8

安比高原スキー場

73

47

26

0

9

みやぎ蔵王白石スキー場

6

2

4

0

10

みやぎ蔵王えぼしスキー場

29

9

20

0

11

猪苗代スキー場

35

14

19

1

12

裏磐梯猫魔スキー場

5

2

3

0

13

アルツ磐梯スキー場

53

13

39

0

14

会津高原たかつえスキー場

28

9

19

0

15

たざわ湖スキー場

22

17

5

1

16

蔵王温泉スキー場

109

69

40

0

17

苗場スキー場

80

30

50

0

18

石打丸山スキー場

132

42

90

0

19

舞子スノーリゾート

90

20

74

0

20

上越国際スキー場

120

38

80

2

21

黒姫高原スノーパーク

19

12

6

1

22

斑尾高原スキー場

144

23

121

0

23

野沢温泉スキー場

128

56

70

1

24

志賀高原スキー場

190

140

49

0

25

白馬五竜スキー場

158

51

103

1

26

白馬八方尾根スキー場

226

148

78

0

27

白馬岩岳スノーフィールド

104

48

56

0

28

栂池高原スキー場

129

32

96

0

29

立山山麓スキー場

27

16

8

1

30

白山一里野温泉スキー場

25

14

11

0

31

草津国際スキー場

23

12

11

0

32

スノーパーク尾瀬戸倉

19

8

11

0

33

万座温泉スキー場

23

11

12

0

34

ハンターマウンテン塩原

109

18

88

2

35

ダイナランド

158

23

135

0

36

SKI JAM 勝山スキー場

112

32

80

1

37

箱館山スキー場

4

0

4

0

38

ハチ北高原スキー場

78

21

57

0

39

びわ湖バレイスキー場

86

31

54

1

40

奥神鍋スキー場

7

3

4

0

41

ハチ高原スキー場

50

26

22

2

42

だいせんホワイトリゾート

82

36

45

1

43

芸北国際スキー場

39

11

28

0

44

恐羅漢スノーパーク

38

7

31

0

45

瑞穂ハイランド

39

3

36

0

46

ユートピアサイオト

32

3

28

0

47

久万スキーランド

24

5

18

1

合計

3,175

1,286

1,862

17

(参照:2015/2016シーズンスキー場傷害報告書平成28年2月1日~2月28日 全国スキー安全対策協議会)

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

記載している保険料および補償内容等は2017年10月1日現在のものです。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」を ご確認の上、お申込みください。

pagetop