スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

スキー・スノーボード向け
保険とは

スキー・スノーボードは冬のレジャーとして人気のスポーツですが、スピードがでやすいため、リスクの高いスポーツとしても知られています。へルメットの着用など安全装備に配慮していても不意の転倒や接触事故などはなかなか避けられません。
スキー・スノーボード向け保険とは、こうしたスキー・スノーボードの転倒事故などによるケガ・賠償事故・スキー場への移動中やスキー場での携行品の損害・盗難などのリスクを補償する保険です。
若者に人気のスノーボードは、スキーよりもケガの可能性が高いとされており、特にスノーボーダーの方々には保険加入のご検討をおすすめいたします。

保険の種類

現在では保険会社内での商品の統廃合によりスキー保険という名称での販売はほとんど行われておりません。
現在、スキー・スノーボードでのリスクを補償する保険の種類は主に2つあり「国内旅行保険」と「傷害保険」になります。
「国内旅行保険」は、名称のとおり、国内での旅行中に起きた事故を補償するための保険で「傷害保険」はスキー・スノーボードだけでなく、日常リスクも補償対象とした保険です。
このページでそれぞれの特長をよくご理解いただき、適切な保険選びの助けとなれば幸いです。

補償の範囲

スキー・スノーボード向け保険の一般的な補償の範囲は以下の通りです。

\ 1 /

ケガの補償

ケガの補償

スキー場での転倒による打撲・骨折などのケガで、通院・入院・手術をした場合、さらに死亡・後遺障害が生じた場合に定められた保険金が支払われます。ただし、保険商品・保険プランによっては、通院が対象にならないなど補償の範囲が異なることがあるので、注意が必要です。
また、傷害保険であれば日常でのケガも対象になり、国内旅行保険であれば、スキー・スノーボード中のケガでなくても、申込みをされた旅行期間内であれば対象になります。

\ 2 /

個人賠償責任補償

個人賠償責任補償

例えばスキー場などでの接触事故で相手にケガを負わせたり、相手のスキー板を損傷するなどで法律上の損害賠償責任を負った場合に個人賠償責任補償特約で保険金が支払われます。損害賠償の場合、直接の治療費だけでなく、休業補償や慰謝料等が加算されることから高額となることも多いのです。相手方が死亡した場合は、さらに遺族への慰謝料、生きていれば得られたであろう収入(逸失利益)等が対象となり数千万円から、被害者が高額所得者であれば億単位になることも珍しくありません。なお、この個人賠償責任補償特約は自動車保険、火災保険等に付帯してすでに契約していることもあるため、加入する前にこの補償特約が必要かどうかを確認してください。
また、スキー・スノーボードでの事故は、事故の状況によっては過失相殺が適用されるなど、専門的な交渉が必要になることも多いことから、示談交渉サービスが付帯されているものをおすすめ致します。

\ 3 /

携行品補償

携行品補償

携行品とは、国内旅行保険では「旅行行程中に携行する身の回り品」、 傷害保険では「居住する住宅(敷地内を含みます)の外で携行する身の回り品」で、ともに被保険者所有のものを指します。
偶然な事故(盗難・破損等)によりこの携行品に損害が生じた場合、補償の対象となります。
スキー場での事故事例ではボードやスキー板・ストック等の破損・盗難 などが多いようです。

\ 4 /

救援者費用等補償

救援者費用等補償

スキー場では急な天候の変化や猛烈な吹雪や雪崩等によって遭難した事例も報道されています。

救援者費用等補償は、このような事故の際にご契約者、被保険者または被保険者の親族が 捜索救助費用等を負担したことによって損害を被った場合にその費用を補償する保険です。
契約によっては自動付帯されていないケースもあるので、必ず確認しておくべきでしょう。

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


募集文書番号

au損害保険株式会社 B16D310440(1612)
エイチ・エス損害保険株式会社 LCD17-001

代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

記載している保険料および補償内容等は2017年10月1日現在のものです。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」を ご確認の上、お申込みください。

pagetop