スキー・スノボ保険比較|グッチョイス

スキー・スノーボード向け保険
ケガ・賠償・携行品損害※1

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス」では、スキー・スノーボードによるご自身の打撲・骨折などのケガの補償やスキー場内の他のスキーヤーとの接触・衝突などで相手に賠償責任を負った場合の補償、スキー場への移動中やスキー場で起きる携行品損害※1の補償などスキー・スノーボード向け保険選びのお手伝いをいたします。また、各保険商品の特長やお見積り、ケース別の保険の選び方など、初めて保険をご検討される方でも分かりやすいコンテンツをご用意し、最適な保険選びにご活用いただけるようになっております。スキー・スノーボードは冬のレジャーとして人気ですが、ケガの多いスポーツとしても知られています。この機会にスキー・スノーボード向け保険を是非検討されてはいかがでしょうか。

※1エイチ・エス損保の国内旅行総合保険では携行品損害はオプションです。

スキー・スノーボード向け保険を比較
LINEで送る

スキー・スノーボードの
ケガや事故の補償が充実!

万が一の備えとして加入する、スキー・スノーボードは向けの保険は、以下のような時に補償されます。 商品によっては、補償に違いがありますので、ご注意ください。

通院・入院・手術の補償

スキー・スノーボードは勿論、日常生活のケガやアクシデントでの通院・入院・手術も補償対象です。

賠償責任補償

スキー・スノボの衝突事故などで相手にケガを負わせてしまった場合の賠償についての補償です。

携行品損害

スノーボード板の盗難など携行中の持ち物の破損や盗難などの損害が補償されます。

救援費用

急激な天候の変化などでスキー場で遭難してしまった場合の救援活動費用の補償です。

示談代行サービス

事故などで加害者になってしまった時、お客さまに代わって相手側と示談交渉を代行するサービスです。

スキー・スノーボード向け保険比較

スキー・スノーボードでの骨折などのケガや他のスキーヤーとの接触事故などのアクシデントに備えるための保険は、傷害保険または国内旅行保険の2種類があります。 補償内容・保険料も異なり、日帰り旅行から日々の生活でのケガ・アクシデントまで、お客様のニーズに合わせて補償をお選びいただけます。

傷害保険

国内旅行保険

ロゴ

au損保

ロゴ

au損保 エイチ・エス損保

引受保険会社

au損保

引受保険会社

au損保

エイチ・エス損保

商品名

ケガの保険 日常の事故

商品名

国内旅行の保険

国内旅行総合保険

特長

月々380円から、スキー・スノーボードは勿論、日常生活のケガやアクシデントも補償対象です。賠償責任が生じた際は示談代行サー ビス(賠償事故解決特約)も対象となり、ゴールドコースなら持ち物の破損や盗難にも対応できます。

特長

出発前にサッと加入ができる便利な国内旅行保険。日帰り・1泊2日なら保険料は262円から。1週間以上の長期の旅行にも対応しています。

1人あたり日帰り330円から、6泊7日(7日間)までお申し込みいただけます。保険金支払いは、必要書類が完備(請求完了日といいます)してから、9営業日以内にお支払いします。
自宅を出発して帰宅するまでが補償の期間(保険期間)となります。

補償の対象となる方(被保険者)について

0歳から74歳までの方で、お申込人またはそのご家族の中か ら1名指定いただきます。指定できる範囲は、契約者本人、契約者の配偶者・子・孫・ 父母・祖父母、および同居の親族のいずれかです。

補償の対象となる方(被保険者)について

0歳〜74歳までの方で、『ご契約者本人』または『ご契約者と同居している同姓のご家族』からどなたか1人をご指定いただきます。

ご家族・ご友人の方と、10名様までご一緒にお申し込みいただけます。10名様を超える場合は、10名様毎でお申し込みください。

保険期間
(払込方法)

保険料

旅行期間

保険料(1名あたり)

保険料(1名あたり)

保険期間1年(月払)

380円

780円

1,390円

日帰り(1日間)

262円

383円

502円

330円

440円

670円

780円

保険期間1年(一時払)

4,130円

8,390円

15,290円

1泊2日(2日間)

262円

383円

502円

340円

460円

680円

800円

契約タイプ

ブロンズ

シルバー

ゴールド

契約タイプ

ブロンズ

シルバー

ゴールド

TA

TB

TY

TZ

補償項目

保険金額

補償項目

保険金額

保険金額

死亡・後遺障害

100万円

200万円

300万円

死亡・後遺障害

500万円

750万円

1,000万円

500万円

1,000万円

500万円

1,000万円

入院一時金

-

-

2万円
(3日以上の入院で)

入院一時金

-

-

-

-

-

-

-

入院保険金日額

2,000円

4,000円

6,000円

入院保険金日額

4,000円

6,000円

8,000円

4,000円

5,000円

4,000円

5,000円

手術保険金
(手術により)

1万円または
2万円

2万円または
4万円

3万円または
6万円

手術保険金
(手術により)

2万円または
4万円

3万円または
6万円

4万円または
8万円

※手術保険金を含みます。(約款所定の手術を受けたときは、入院中の手術の場合は入院保険金日額の10倍、入院中以外の手術の場合は入院保険金日額の5倍をお支払いします。)

通院保険金日額
(通院1日につき)

-

500円

1,000円

通院保険金日額
(通院1日につき)

1,000円

1,500円

2,000円

2,000円

2,500円

2,000円

2,500円

熱中症補償

熱中症補償

-

-

-

-

-

-

-

賠償責任
(自己負担額0円)

1億円

1億円

1億円

賠償責任
(自己負担額0円)

5,000万円

8,000万円

1億円

3,000万円

3,000万円

3,000万円

3,000万円

示談代行サービス賠償事故解決特約

示談代行サービス賠償事故解決特約

-

-

-

-

-

-

-

携行品
(自己負担額3,000円)

-

-

30万円

携行品
(自己負担額3,000円)

-

-

-

-

-

10万円

10万円

救援者費用

-

100万円

100万円

救援者費用

200万円

300万円

400万円

100万円

100万円

100万円

100万円

 

※携行品の損害の額は、1個、1組または1対あたり10万円(乗車券または通貨等は合計5万円)が限度となります。
※ブロンズコースは個人賠償責任補償を外してご加入することも可能です。「お申込みはこちら」の先にあるコース選択画面にて、お選びいただけます。
※個人賠償責任補償を外して加入する場合、示談代行サービス(賠償事故解決特約)も対象外となります。

 

※このプランの補償の対象となる方(被保険者)は、ご契約時に被保険者として指定されたご本人のみとなります。
※「国内旅行の保険」は、国内旅行傷害保険のプラン名です。
※「国内旅行の保険」は、定型コースのみの販売となります。ご希望のコースをお選びください。

国内旅行総合保険は、傷害保険普通保険約款に次の特約を付帯したものです。
・国内旅行傷害保険特約
・賠償責任危険補償特約(国内旅行傷害保険用)
・救援者費用等補償特約(国内旅行傷害保険用)
・携行品損害補償特約(国内旅行傷害保険用)
※保険証券または保険契約証の携行品保険金額欄に保険金額の表示がある場合
に限り付帯されます。

保険期間
(払込方法)

保険料

旅行期間

保険料(1名あたり)

保険料(1名あたり)

保険期間1年(月払)

380円

780円

1,390円

日帰り(1日間)

262円

383円

502円

330円

440円

670円

780円

保険期間1年(一時払)

4,130円

8,390円

15,290円

1泊2日(2日間)

262円

383円

502円

340円

460円

680円

800円

 

 

 

 

2泊3日(3日間)

321円

465円

612円

370円

500円

770円

900円

 

 

 

 

3泊4日(4日間)

321円

465円

612円

380円

510円

780円

910円

 

 

 

 

4泊5日(5日間)

443円

638円

833円

390円

540円

820円

970円

 

 

 

 

5泊6日(6日間)

443円

638円

833円

400円

550円

830円

980円

 

 

 

 

6泊7日(7日間)

443円

638円

833円

410円

560円

840円

990円

 

 

 

 

7泊8日〜
13泊14日

607円

878円

1,145円

-

-

-

-

 

「ケガの保険 日常の事故」は本人タイプのみの取扱いとなります。家族タイプ、本人・親族タイプはありませんので、ご了承ください。

 

 

10名様までご一緒にお申し込みいただけます。10名様を 超える場合は、10名様毎でお申し込みください。

保険期間
(支払方法)

クレジットカード払

コンビニエンスストア払

auかんたん決済

保険期間
(払込方法)

クレジットカード払

コンビニエンスストア払

auかんたん決済

クレジットカード払

コンビニエンスストア払

その他

保険期間1年(一時払)

一時払

-

-

-

保険期間1年(月払)

-

保険期間1年(月払)

-

-

-

-

-

-

スキー・スノーボードの
保険金支払事例

スキー・スノーボードのケガや事故で、保険会社が保険金をお支払いした具体的な事例をご紹介します。

スキー事故での十字靭帯損傷

au損保

保険会社名

au損保

契約者がスキー滑降中、前方横切った相手と接触。相手は右ひざ従事靭帯を損傷し、後遺障害12級認定となった。

支払保険金

約940万5千円
個人賠償責任保険

スキー事故での裂傷

au損保

保険会社名

au損保

契約者がスキー滑降中、前方にいた相手と接触し、相手は顔面10センチ程度を裂傷(顔面神経断裂)後遺障害8級以上認定見込となった。

支払保険金

約774万4千円
個人賠償責任保険

スノーボード事故での外傷性頸部症候群

au損保

保険会社名

au損保

スノーボード滑走中に相手方と接触したもの。外傷性頸部症候群。既往症あり。後遺障害12級見込となった。

支払保険金

約720万9千円
個人賠償責任保険

スノーボード事故による大腿骨骨折

au損保

保険会社名

au損保

契約者がスノーボードをしている際、他のスキーヤーと接触し、バランスを崩し転倒した。その際、別の人に接触しそうになり、相手は転倒した。(大腿骨骨折・入院)

支払保険金

約544万5千円
個人賠償責任保険

人によっては必要な補償は違う!

スキー・スノボ保険ケース別の選び方

スキー・スノーボードは、経験や技術の熟練度によっても起きる事故は違い、初心者や子供は、うまくコントロールが効かず事故を起こすこともありますし、熟練の方でも時間が空いてしまうと、思わぬケガをしてしまうものです。経験やシチュエーションに応じた保険選びのポイントやおすすめの保険プランをご紹介します。

ご存じですか?スキー・スノーボード向け保険

傷害保険・国内旅行保険の違い

スキー・スノーボードで起きるケガやアクシデントを補償する主な保険には、「傷害保険」と「国内旅行保険」の2種類があります。保険料や補償内容の違いもありますが、2つの保険の大きな違いは、補償期間(契約期間)です。違いを理解して、ピッタリな保険を選んでください。

傷害保険

保険の種類

傷害保険

保険の説明

主に日常でおきる思いがけない事故によるケガを補償する保険です。 日常での転倒以外にも、スキー・スノーボードもスポーツでのケガも補償対象となっており、日常的にスポーツを行っている方・お子様にはお 勧めの保険です。
また、個人賠償責任保険・携行品損害補償を付帯することもできます。
特に個人賠償責任保険は、お子さまやペットが他人にケガをさせてしまった、物を壊してしまったときなどにもお役に立ちます。

商品の特徴

●旅行以外でもアクティブに動かれる方、お子様にお勧め。
●入院・手術・通院保険金、一時金や賠償の補償額・範囲が充実している。

一般的な 補償内容

死亡・後遺障害
入院・手術・通院保険金・入院一時金
個人賠償責任
救援者費用
携行品
※個人賠償・救援者費用・携行品は商品により特約での付帯となります。

補償期間

契約開始から1年間が補償期間。
支払いは月払・一時払で選べる。

国内旅行保険

保険の種類

国内旅行保険

保険の説明

国内旅行中におきたケガやケガによる死亡などの補償がされる傷害保険の一種です。具体的には、国内旅行中にケガをし入院した、携行品※1が壊れた、などに備えるための保険です。
手軽な保険料で必要な期間だけ保険をかけられます。
国内旅行でも、慣れない土地への移動、スキー・スノーボードなどのアクティブな活動を伴う旅行の場合、ケガや事故などの危険性は高まります。
※1携行品損害はオプションです。

商品の特徴

●旅行期間内だけの補償を検討される方にお勧め。
●保険料は数百円程度なのでリーズナブル。

一般的な 補償内容

死亡・後遺障害
入院・手術・通院保険金
個人賠償責任
救援者費用
携行品

補償期間

日帰り〜1週間までの旅行期間への補償が一般的。
長期の旅行に関しては各社確認が必要。
自宅出発から帰宅までの期間が補償される。

取り扱い保険会社

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス」では、「傷害保険」「国内旅行保険」それぞれから厳選した2社を取り扱っています。
引受保険会社2社の詳細は以下になっております。

au損保

引受保険会社

au損害保険株式会社

設立年月日

2010年2月23日
(モバイル損保設立準備株式会社として設立)

資本金

45億円(資本金24億円、資本準備金21億円)

所在地

〒150-6006
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号
恵比寿ガーデンプレイスタワー6F

代表取締役社長

遠藤 隆興(えんどう たかおき)

株主

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
KDDI株式会社

経営理念

VISION
1.au損保は保険会社のベンチャー企業でありイノベーターであることを目指します
これまでの保険会社の対応が必ずしも十分とはいえない保険商品(補償・サービス)、保険料(価格)や、新しい加入方法に、保険のベンチャー企業として果敢にチャレンジし、イノベーターとして、独自の価値を創造してまいります。

2.au損保は損害保険会社であると同時に、モバイル企業でありたいと考えます
KDDI(au)グループの一員として、ケータイまたはスマートフォンを利用されるお客さまが求める補償コンテンツや補償アプリをご提案し、その結果、損害保険事業が成長する経営モデルを目標とします。

3.お客さまを中心に、ステークホルダー全員の笑顔を追求します
全役職員が「お客さま第一」に明るく生き生きと働くことで、全てのお客さまの満足と安心を実現いたします。同時に、コンプライアンスとリスク管理を徹底し、成長性と収益性が確保できる健全な企業運営をお約束します。

MISSION
1.これまで十分な補償が提供されていないマーケットに積極的に対応し、安全で安心できる社会の実現に貢献します
保険のエントリー層である20代30代の若い人達や、今、最も保険を必要としている働く女性層を中心に、モバイルでダイレクトなアクセスを可能とし、手軽に保険をご利用いただける機会をご提供いたします。
一方、近時、自転車事故の増加が社会問題になりつつあるなか、普及拡大への要請が強い個人賠償責任保険やケガの保険等、これまで十分な保険提供がされていなかった日常生活リスクの分野に、的確な保険プランをご提案し、お客さまの安心ライフを支えてまいります。

2.モバイルと保険を一体的に提供し、これまでになかった“スマートな保険利用スタイル”を創出します
ケータイやスマートフォンだけで、保険契約から保険料支払い、契約変更、保険金請求までの全てが“簡単に完結”できる画期的なシステムを開発し、“保険をケータイする” シーンを実現いたします。

3.KDDIグループが自ら保険メーカーとなり、これまで出来なかったモバイル専用保険を実現します
auブランドの損害保険会社らしく、モバイルユーザーニーズに合致した、モバイルだからこそ買える独自の保険商品・保険サービスを、KDDIグループの一員であるau損保が、責任もって開発しご提供いたします。
さらに今後も、保険のベンチャー企業としての強みを生かし、お客さまのご要請に迅速・柔軟に対応し、au損保ならではのモバイルに特化した保険商品・保険サービスを、続々とご提供してまいります。

エイチ・エス損保

引受保険会社

エイチ・エス損害保険株式会社

設立年月日

2005年5月24日
(エイチ・エス損保プランニング株式会社として設立)

資本金

1,612,000,000円

所在地

〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3番29号
フォーキャスト市ヶ谷7F

代表取締役社長

松尾 昭男

株主

株式会社エイチ・アイ・エス
澤田ホールディングス株式会社 他

経営理念

私たちエイチ・エス損保は、保険の取扱種目を特定の分野に特化することで、高い専門性とスピードを兼ね備えた高品質な商品の開発・販売と損害サービスをお客様にお届けしていきたいと考えています。
その目標を実現するために、私たちは次の経営理念を掲げています。
変化と創造を尊び、夢と志に挑戦し続けます。
変革が叫ばれる今日、私たちは自らをその変革の士と捉え、創生・創造を重んじ、損害保険事業のあるべき将来像を追及し、同じ志を共有する人材の集団を形成して、損害保険事業に新たな潮流を生み出すことができるよう、挑戦し続けます。
目線は常にお客様に。お客様に最高のサービスを提供します。
保険加入から保険金支払いに至るまで、常にお客様に高い満足感を感じていただけるよう、最高のサービスを提供し続けること。それが、私たちの目指す保険サービスです。保険加入時における商品内容や加入手続きの分かりやすさ、そして事故発生時における丁寧・親切・迅速な対応。そのようなサービスを、いつ、誰にでも提供できる体制を確立します。
保険のプレゼンス向上に寄与します。
残念なことに、テロや大災害など、世界には危険が渦巻いています。保険商品の普及を通じて、より多くの皆様に世界のあらゆる場所で安心を実感していただくことが、損害保険のプレゼンス(存在感)を高めていくことにも繋がると、私たちは確信しています。

スキー・スノーボード向け保険募集代理店

合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館303


募集文書番号

au損害保険株式会社  B17D310257(1708)
エイチ・エス損害保険株式会社  LCD17-001

代理店の立場

当社はau損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。
当社はエイチ・エス損保の代理店であり当サイト上で保険契約の締結の代理を行います。

記載している保険料および補償内容等は2017年10月1日現在のものです。

「スキー・スノボ保険比較グッチョイス(以下当サイト)」のスキー・スノーボード向け保険比較コンテンツは当サイトを運営する合同会社東京六大陸が取扱うスキー・スノーボード向け保険各社の商品情報をまとめたものです。比較・見直し・検討の際の参考情報としてご利用ください。

スキー・スノーボード向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容も含めて総合的にご判断ください。

掲載しているスキー・スノーボード向け保険の説明は概要を紹介したものです。ご契約の際には必ず引受保険会社の各保険会社ホームページ、重要事項のご説明(重要事項説明書)およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」を ご確認の上、お申込みください。

pagetop